プログラム

参加者向けページ(※パスワードは参加者に別途連絡します)

講演論文集を公開しました.

タイムテーブル

チュートリアル 8月31日(火)13時~16時

PPLサマースクール 8月31日(火)13時~18時

大会前夜祭イベント 8月31日(火)18時~20時

1日目(9月1日)

表中の「#XXX」はSlackの対応するチャネル名を表しています.

  メインルーム ブレイクアウトルーム1 ブレイクアウトルーム2 ブレイクアウトルーム3
9:00

9:20
オープニングセッション
9:20

10:20
基調講演
Programmatically Building & Managing Training Data with Snorkel Flow
Alex Ratner (Univ. of Washington, Snorkel AI)
#keynote
10:20

10:30
スポンサー全体プレゼンテーション
10:45

11:50

PPL・一般(1)
#ppl-一般-1
一般(1)
#一般-1


13:00

14:35
FOSE(1)
#fose-1
PPL(1-1)
#ppl-1-1
PPL(1-2)
#ppl-1-2
14:55

15:45

16:30
PPL(2)
#ppl-2
MLSE
#mlse
一般(2)
#一般-2


16:50

18:00
トップカンファレンス特別講演(FOSE)
#トップカンファレンス特別講演-fose

2日目(9月2日)

表中の「#XXX」はSlackの対応するチャネル名を表しています.

  メインルーム ブレイクアウトルーム1 ブレイクアウトルーム2 ブレイクアウトルーム3
9:30

10:30
招待講演
漢字・漢語・漢文の言語情報処理
安岡孝一 (京都大)
#招待講演
10:40

12:10
デモ・ポスター セッション @Gather.town
#デモ・ポスター
13:00

14:00
青山幹雄先生追悼セッション
#青山幹雄先生追悼セッション
14:10


15:45

16:05

16:20
 




PPL (3)
#ppl-3
rePiT
#repit
一般 (3)
#一般-3
 
 
16:40

17:50
トップカンファレンス特別講演(MLSE)
#トップカンファレンス特別講演-mlse
 



 



 



19:00

21:00
懇親会(Gather.town)
参加者同士の交流の場です.参加者は出入り自由です.
お飲み物やお食事をご用意いただき,ご参加ください

3日目(9月3日)

表中の「#XXX」はSlackの対応するチャネル名を表しています.

  メインルーム ブレイクアウトルーム1 ブレイクアウトルーム2 ブレイクアウトルーム3
9:30

10:40
トップカンファレンス特別講演(PPL)
#トップカンファレンス特別講演-ppl
10:45

11:50

12:20
 








ソフトウェア論文
#ソフトウェア論文
PPL・一般 (2)
FOSE(2)
#fose-2
FOSE(2)
PPL・一般 (2)
#ppl-一般-2
   
13:00

14:05

15:10
PPL(4-1)
#ppl-4-1
PPL(4-2)
#ppl-4-2
FOSE・一般
#fose-一般
 
15:30

17:40
基礎研究賞特別講演
#基礎研究賞特別講演
 

 

 

17:40

18:20
表彰、クロージング  

 

 

基調講演 9/1 【9:20~10:20】

  • Alex Ratner (Univ. of Washington, Snorkel AI)
    講演タイトル: 「Programmatically Building & Managing Training Data with Snorkel Flow」
    講演概要: One of the key bottlenecks in building machine learning systems is creating and managing the massive training datasets that today’s models require. In this talk, I will describe our work on Snorkel Flow, a platform for building and managing training datasets, models, and AI applications, and describe three key operators for letting users build and manipulate training datasets: labeling functions, for labeling unlabeled data; transformation functions, for expressing data augmentation strategies; and slicing functions, for partitioning and structuring training datasets.  These operators allow domain expert users to specify machine learning (ML) models entirely via noisy operators over training data, leading to applications that can be built in hours or days, rather than months or years, and that can be iteratively developed, modified, versioned, and audited. I will describe recent work on modeling the noise and imprecision inherent in these operators, and using these approaches to train ML models that solve real-world problems, including recent state-of-the-art results on benchmark tasks and real-world industry, government, and medical deployments.
    座長: 今井 健男 (Idein)

招待講演 9/2 【9:30~10:30】

  • 安岡孝一 (京都大学)
    講演タイトル: 「漢字・漢語・漢文の言語情報処理」
    講演概要: 欧米を中心に発展してきた言語情報処理は、漢字・漢語・漢文を扱うに至って、様々な「パッチ」をあてざるを得なくなった。漢字は、会意や形声という造字形態を有しており、その種類が極めて多い。漢語は、単語と単語の間に空白がなく、どこまでが単語なのかわからない。漢文は、動賓終構造を基本としており、英語や日本語とは文法構造が異なる。本講演では、漢字・漢語・漢文を扱う手法について、周辺諸言語にまたがる情報処理という視点から述べる。
    座長: 沢田 篤史(南山大学)

基礎研究賞特別講演 9/3 【15:30~17:40】

  • 増井 俊之 氏(慶應義塾大学)
    講演タイトル: 「ユニバーサルなユーザインタフェース」
    講演概要: 講演者は30年以上にわたり、コンピュータの使い勝手(ユーザインタフェース)を改善する様々な研究開発を行なってきた。従来のコンピュータは主に専門家が使うものであったが、現在は誰でもいつでもどこでもコンピュータやネットワークを使うようになっており、弱者をサポートするためにコンピュータが使われる機会も増えてきている。この分野の様々な研究開発の歴史及び将来の展望について述べる。
    受賞業績:ユーザインタフェースシステムおよび予測型日本語入力システムに関する研究
  • 千葉 滋 氏(東京大学)
    講演タイトル: 「メタレベルの視点からながめる」
    講演概要: メタレベル計算あるいはメタプログラミングは、プログラムそのものをデータとして扱う計算あるいはプログラミングのことである。その中でもとくに、データとして扱われる対象のプログラムと、それを扱うメタなプログラムが同一である場合を自己反映計算という。本講演ではこのような自己言及的なプログラミングについて講演者がおこなってきた研究を紹介する。さらにメタな視点からそれらをながめることによって、それらの研究に共通するパターンのようなものを見いだすことを試みる。
    受賞業績:プログラミング言語,特にメタプログラミングに関する研究

    座長: 増原 英彦 (東京工業大学)

トップカンファレンス特別講演(FOSE)
9/1 【16:50~18:00】

  • Shinobu Saito, Yukako Iimura, Emad Aghayi, Thomas D. Latoza
    講演タイトル: 「Can Microtask Programming Work in Industry?」
    発表会議名: ESEC/FSE 2020
    講演概要: 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのテレワークの普及は,メンバが一つの場所に集まって働くことを前提としてきたソフトウェア開発プロジェクトの現場に,働く「場所」の柔軟性(例:リモートワーク)をもたらすきっかけとなった.本発表では,更に「時間」の柔軟性をもたらすための新しいアプローチ「マイクロタスクプログラミング」を取り上げる.マイクロタスクプログラミングは,ソフトウェアの仕様を小さい部分(マイクロ仕様)に分割し,断続的かつ短時間の作業(マイクロタスク)を複数人が独立に実行(実装)することにより,ソフトウェアの構築を行う.本発表では企業の開発プロジェクトへの本アプローチの実践結果を報告する.
  • Hideaki Hata, Raula Gaikovina Kula, Takashi Ishio, Christoph Treude
    講演タイトル: 「Same File, Different Changes: The Potential of Meta-Maintenance on GitHub」
    発表会議名: ICSE 2021
    講演概要: Online collaboration platforms such as GitHub have provided software developers with the ability to easily reuse and share code between repositories. With clone-and-own and forking becoming prevalent, maintaining these shared files is important, especially for keeping the most up-to-date version of reused code. Different to related work, we propose the concept of meta-maintenance—i.e., tracking how the same files evolve in different repositories with the aim to provide useful maintenance opportunities to those files. We conduct an exploratory study by analyzing repositories from seven different programming languages to explore the potential of meta-maintenance. Our results indicate that a majority of active repositories on GitHub contains at least one file which is also present in another repository, and that a significant minority of these files are maintained differently in the different repositories which contain them. We manually analyzed a representative sample of shared files and their variants to understand which changes might be useful for meta-maintenance. Our findings support the potential of meta-maintenance and open up avenues for future work to capitalize on this potential.

座長: 林 晋平(東京工業大学)

トップカンファレンス特別講演(MLSE)
9/2 【16:40~17:50】

  • Masaaki Takada, Hironori Fujisawa
    講演タイトル: 「Transfer Learning via L1 Regularization」
    発表会議名: NeurIPS 2020
    講演概要: Machine learning algorithms typically require abundant data under a stationary environment. However, environments are nonstationary in many real-world applications. Critical issues lie in how to effectively adapt models under an ever-changing environment. We propose a method for transferring knowledge from a source domain to a target domain via L1 regularization in high dimension. We incorporate L1 regularization of differences between source and target parameters in addition to an ordinary L1 regularization. Hence, our method yields sparsity for both the estimates themselves and changes of the estimates. The proposed method has a tight estimation error bound under a stationary environment, and the estimate remains unchanged from the source estimate under small residuals. Moreover, the estimate is consistent with the underlying function, even when the source estimate is mistaken due to nonstationarity. Empirical results demonstrate that the proposed method effectively balances stability and plasticity.
  • Matthew Holland, El Mehdi Haress
    講演タイトル: 「Learning with risk-averse feedback under potentially heavy tails」
    発表会議名: AISTATS 2021
    講演概要: 機械学習システムの「性能」はどのように測るべきか。予測精度などを評価するための損失関数は山ほどあるが、本質的に重要なのは「汎化能力」である。しかし、汎化能力の指標は、ほぼ例外なく「損失の平均」しか使われておらず、この「平均重視」に偏る実務上の影響も十分に認識されていない。本研究では、平均に限らず、顕著に成績が落ちてしまう事例への感度を柔軟に設定できるフィードバック形成の方法と効果を取り上げ、それを実装するための効率的な学習アルゴリズムの性質を明らかにしている。これを踏まえて、従来のAIワークフローに多様な「汎化指標」を導入する意義と課題について論じる。

座長: 今井 健男 (Idein)

トップカンファレンス特別講演(PPL)
9/3 【9:30~10:40】

  • Shumpei Shiina, Shintaro Iwasaki, Kenjiro Taura, Pavan Balaji
    講演タイトル: 「Lightweight Preemptive User-Level Threads」
    発表会議名: PPoPP 2021
    講演概要: Many-to-many mapping models for user- to kernel-level threads (or “M:N threads”) have been extensively studied for decades as a lightweight substitute for current Pthreads implementations that provide a simple one-to-one mapping (“1:1 threads”). M:N threads derive performance from their ability to allow users to context switch between threads and control their scheduling entirely in user space with no kernel involvement. This same ability, however, causes M:N threads to lose the kernel-provided ability of implicit OS preemption—threads have to explicitly yield control for other threads to be scheduled. Hence, programs over nonpreemptive M:N threads can cause core starvation, loss of prioritization, and, sometimes, deadlock unless programs are written to explicitly yield in proper places. This paper explores two techniques for M:N threads to efficiently achieve implicit preemption similar to 1:1 threads: signal-yield and KLT-switching. Overheads of these techniques, with our optimizations, can be less than 1% compared with nonpreemptive M:N threads. Our evaluation with three applications demonstrates that our preemption techniques for M:N threads improve core utilization and enhance the performance by utilizing lightweight context switching and flexible scheduling of M:N threads.
  • Yoshiki Takashima, Ruben Martins, Limin Jia, Corina S. Păsăreanu
    講演タイトル: 「SyRust: Automatic Testing of Rust Libraries with Semantic-Aware Program Synthesis」
    発表会議名: PLDI 2021
    講演概要: Rustは形安全な言語であるが、プログラマーはUnsafeコマンドを使いコンパイラチェックを部分的に無視できる。手動効率化に便利なUnsafeコードは高性能ライブラリの実装に多く使われ実用的なRustプログラミングで広く活用されているが、バグの原因となることも多い。一部のライブラリのバグがソフトウェア全体の脆弱性につながった実例も有り、ライブラリテスティングはRust業界における急務となっているが、自動テスティングツールが存在せず、現時点では非効率な手動テストケースに依存せざるを得ない。我々はRustにおけるテストケース自動合成手法を開発し、テスティングツールSyRustを実装した。開発にあたって最大の難点はRustのポリモーフィズム、所有形、Variable Lifetimeといった複雑な静的意味論を維持するコンパイラチェックであった。SyRustは従来のSATベースの合成技術をこれらの制約を満たす形で拡張し、Rust特有の静的意味論を意識したテスト合成(Semantic-AwareSynthesis)を可能にしている。ダウンロード数上位のOSSライブラリ30個を使った実用試験において、SyRustは新しいバグを4つ発見する成果を上げた。

座長: 今井 敬吾 (岐阜大学)

青山幹雄先生追悼セッション
9/2 【13:00~14:00】

  • 登壇者
    • 深澤 良彰(早稲田大学)
    • 丸山 宏(PFN/東京大学/花王)
    • 鷲崎弘宜(早稲田大学)
  • セッション概要: 本年5月13日、青山幹雄先生がお亡くなりになりました。先生はソフトウェア工学その他の分野で多くの功績を残され、本学会においても主にFOSEとMLSEの2研究会に多大な貢献をされました。本セッションでは、先生にゆかりの3人の登壇者とともに先生の功績を振り返り、その上で、遺された私達が未来にどう進むべきかを話し合います。

座長: 今井 健男 (Idein)

大会前夜祭イベント

8月31日(火)18時~20時

AI研究者に聞く!AIブームと学会:
これまでと今、そしてこれからの話をしよう!

司会・進行: 吉岡 信和(早稲田大学)
パーソナリティ: 増原 英彦(東京工業大学),丸山 宏(PFN/花王/東京大学)
ゲスト:
(第1組目) 服部 宏充(立命館大学),櫻井 祐子(産業技術総合研究所)
(第2組目) 森田 千絵((株)東芝),折原 良平 (キオクシア(株))
(第3組目) 野田 五十樹(北海道大学),浦本 直彦((株)三菱ケミカルホールディングス)

スペシャルゲスト:
伊藤貴之(お茶ノ水女子大学)

参加費: 無料(但し、事前登録が必要)

大会参加申し込みページから、前夜祭を選んでお申し込みください

一般セッション

PPL・一般(1) 9/1 【10:45~11:50】

座長 : 松崎 公紀(高知工科大学)

1-L Coqによる三角形三色問題の証明
橋本 翔太 (東邦大学), 木村 大輔 (東邦大学)
2-L 定理証明支援系Coqによるグラフ書換え言語の性質証明
山本 直輝 (早稲田大学), 上田 和紀 (早稲田大学)

一般(1) 9/1 【10:45~11:50】

座長 : 名倉 正剛(南山大学)

3-L Javaシステムにおけるパッケージ誤りのニューラルネットワークを用いた検出手法
Kazuki Yoda (The University of Tokyo), Tomoki Nakamaru (The University of Tokyo), Soramichi Akiyama (The University of Tokyo), Tetsuro Yamazaki (The University of Tokyo), Shigeru Chiba (The University of Tokyo)
4-L コード内にコメントを入れる時に適切なコメントを例示するシステムの開発
Makoto Shiraishi (The University of Tokyo), Chiba Shigeru (The University of Tokyo)

FOSE(1) 9/1 【13:00~14:35】

座長 : 沢田 篤史(南山大学)

5-L 運転挙動の特徴に基づいた自動運転システムのテスティング
Paolo Arcaini (National Institute of Informatics), Xiao-Yi Zhang (National), 石川 冬樹 (National Institute of Informatics)
6-L ソフトウェアテストを評価するためのバグ入りアプリケーションの自動生成
安積 直道 (電気通信大学), 丹野 治門 (日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンター), 岩崎 英哉 (電気通信大学)
7-L 観光地に関するソーシャルメディア投稿の分類手法の提案
櫛部 健汰 (Future University Hakodate), 伊藤 恵 (Future University Hakodate)

PPL(1-1) 9/1 【13:00~14:35】

座長 : 西崎 真也(東京工業大学)

8-L Isabelle/HOLによる高階確率的プログラム検証
平田 路和 (東京工業大学), 南出 靖彦 (東京工業大学), 佐藤 哲也 (東京工業大学)
9-L GSOL: A Confluence Checker for Haskell Rewrite Rules
Faustin Date (Gunma University), Hamana Makoto (Gunma University)
10-L Decision Tree Learning in CEGIS-Based Termination Analysis
Satoshi Kura (The Graduate University for Advanced Studies (SOKENDAI)), Hiroshi Unno (University of Tsukuba), Ichiro Hasuo (National Institute of Informatics)

PPL (1-2) 9/1 【13:00~14:35】

座長 : 上野 雄大(東北大学)

11-L Typecheck Python Programs and Find Semantic Idioms
Senxi Li (University of Tokyo), Tetsuro Yamazaki (The University of Tokyo), Shigeru Chiba (The University of Tokyo)
12-L 静的型付き言語で動的に生成された型が含むバグの早期発見に向けた研究
横井 駿平 (東京大学), 千葉 滋 (東京大学)
13-S Liquid Haskell上での並列プログラムの時間計算量解析
大喜 優 (東京工業大学 情報理工学院), 西崎 真也 (東京工業大学 学術国際情報センター)

PPL(2) 9/1 【14:55~16:30】

座長 : 平石 拓(京都橘大学)

15-L Data-Driven Refinement Type Optimization
Yu Gu (University of Tsukuba), Hiroshi Unno (University of Tsukuba), Takeshi Tsukada (Chiba University)
16-S 篩型によるJMLの拡張
鈴木 智大 (東京工業大学 情報理工学院), 西崎 真也 (東京工業大学 学術国際情報センター)
17-L 血小板による止血機構に基づいた最適化手法
野城 滉司 (筑波大学), 長谷部 浩二 (筑波大学)

MLSE 9/1 【14:55~15:45】

座長 : 石川 冬樹(国立情報学研究所)

19-L 機械学習応用システムの要求工学に関する一考察: 要求獲得上の課題特定のセンスメイキング論的アプローチ
Hiroaki Nakaki (北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 知識科学系), Nobukazu Yoshioka (早稲田大学 理工学術院総合研究所), Shinichiro Kishimoto (北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 知識科学系)
20-S KPIツリーを用いた機械学習プロジェクト管理フレームワーク
浜田 伸一郎 (パナソニック株式会社), 吉岡 信和 (早稲田大学理工学術院総合研究所), 内平 直志 (北陸先端科学技術大学院大学)

一般(2) 9/1 【14:55~15:45】

座長 : 中丸 智貴(東京大学)

21-L Flashメモリを併用するスモールデバイス向けメモリ管理システム
井上 曜 (東京大学), 千葉 滋 (東京大学)
22-S WebAssemblyを対象にしたSchemeコンパイラの作成に向けて
荒井 滉平 (Tokyo Institute of Technology), 増原 英彦 (Tokyo Institute of Technology), 叢 悠悠 (Tokyo Institute of Technology)

PPL(3) 9/2 【14:10~16:20】

座長 : 末永 幸平(京都大学)

23-L A Preliminary Design of an Easy-to-Dictate Programming Language with Pronouns
Wennong Cai (The University of Tokyo), Soramichi Akiyama (The University of Tokyo), Shigeru Chiba (The University of Tokyo)
24-L オブジェクトの到達可能性による永続化をリードバリアを使わずに実現するアルゴリズムとその予備評価
鵜川 始陽 (Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo), 松本 康太郎 (Kochi University of Technology), 岩崎 英哉 (The University of Electro-Communications)
25-L アトム変数を用いた名目単一化の実装
山上 隼司 (東北大学), 菊池 健太郎 (東北大学), 上野 雄大 (東北大学), 大堀 淳 (東北大学)
26-L レベル付き持続型例外処理機構の設計
八杉 昌宏 (九州工業大学), 江本 健斗 (九州工業大学), 平石 拓 (京都橘大学)

rePiT 9/2 【14:10~16:05】

座長 : 前半:森本千佳子(東京工科大学)、後半:伊藤恵(はこだて未来大学)

27-S ソフトウェア開発PBLにおけるマージコンフリクト調査支援システムの開発
井出 岳人 (東京学芸大学), 浅野 耀介 (東京学芸大学大学院), 古川 貴一 (東京学芸大学大学院), 山田 侑樹 (東京学芸大学大学院), 櫨山 淳雄 (東京学芸大学)
28-S CMMIに基づくPBLにおける学びの質向上のための定量的評価手法の提案
齊藤 大樹 (公立はこだて未来大学), 伊藤 恵 (公立はこだて未来大学)
29-S アジャイル型システム開発PBLにおける非同期デイリースクラムの調査
遠藤 侍玄 (Future University Hakodate), 伊藤 恵 (Future University Hakodate)
30-S オンライン環境におけるグループディスカッション支援のための注視状況可視化システムの提案
Takayama Yuki (Osaka Institute Of Technology), Igaki Hiroshi (Osaka Institute Of Technology)
31-S アジャイル開発人材育成のためのPBL型教育におけるプラクティス:2021年度プロジェクトの事例
中鉢 欣秀 (東京都立産業技術大学院大学), 閻 莉玲 (東京都立産業技術大学院大学), 嵩下 奈都美 (東京都立産業技術大学院大学), 星野 圭亮 (東京都立産業技術大学院大学), 森 浩貴 (東京都立産業技術大学院大学), 保田 義則 (東京都立産業技術大学院大学)
32-L 大学におけるアジャイルソフトウエア開発教育の展望
森本 千佳子 (東京工科大学), 西村 頼地 (東京工科大学)

一般(3) 9/2 【14:10~15:45】

座長 : 松崎 公紀(高知工科大学)

33-L ゲームAIのプレイスタイルを生成するためのプレイログのクラスタリングを用いたフレームワーク
岩崎 悠 (筑波大学情報理工学位プログラム), 長谷部 浩二 (筑波大学システム情報系)
34-L 解集合プログラミングを用いたハミルトン閉路問題の解法に関する考察
平手 貴大 (名古屋大学 大学院情報学研究科), 宋 剛秀 (神戸大学 情報基盤センター), 田村 直之 (神戸大学 情報基盤センター), 番原 睦則 (名古屋大学 大学院情報学研究科)
35-L Effective Hybrid System Falsification by Monte Carlo Tree Search guided by QB-Robustness
Zhenya Zhang (Kyushu University), Deyun Lyu (Kyushu University), Paolo Arcaini (National Institute of Informatics), Lei Ma (Kyushu University), Ichiro Hasuo (National Institute of Informatics), Jianjun Zhao (Kyushu University)

ソフトウェア論文 9/3 【10:45~12:20】

座長 : 小宮 常康(電気通信大学)

36-L CUI on Web: ソフトウェア検証やテストCUIのためのモダンWebインターフェース枠組
藤生 和希 (群馬大学), 浜名 誠 (群馬大学)
37-L 細粒度履歴追跡のための増分的なリポジトリ変換ツールの設計と実装
柴 駿太 (東京工業大学), 林 晋平 (東京工業大学)
38-L 情報可視化やインタラクションのためのライブラリ Siv3D の機能強化と C++17, C++20 への対応
鈴木 遼 (早稲田大学), 上田 和紀 (早稲田大学), 坂井 滋和 (早稲田大学)

FOSE(2) 9/3 【10:45~11:50】

座長 : 野田 夏子(芝浦工業大学)

39-L Attempts on using syntax trees to improve programming language translation quality by machine learning
Feng Dai (The University of Tokyo), Shigeru Chiba (The University of Tokyo)
40-L Java からKotlin へのプログラム変換支援ツールの設計と試作
河野 一真 (広島市立大学大学院情報科学研究科), 川端 英之 (広島市立大学大学院情報科学研究科), 弘中 哲夫 (広島市立大学大学院情報科学研究科)

PPL・一般(2) 9/3 【10:45~11:50】

座長 : 今井 敬吾 (岐阜大学)

41-L 危険対条件に基づく条件付き項書き換えシステムの階層可換性
芳賀 亮太 (新潟大学), 青戸 等人 (新潟大学)
42-L 制約付き書換え帰納法におけるラグランジュ補間を用いた補題生成
比嘉 慎哉 (名古屋大学大学院情報学研究科), 西田 直樹 (名古屋大学大学院情報学研究科), 酒井 正彦 (名古屋大学大学院情報学研究科)

PPL(4-1) 9/3 【13:00~15:10】

座長 : 八杉 昌宏 (九州工業大学)

43-L 関数リアクティブプログラミングにおける時変値の初期化手法の提案
白鳥 佑弥 (東京工業大学), 森口 草介 (東京工業大学), 渡部 卓雄 (東京工業大学)
44-L 小規模組込みシステム向けFRP言語における周期的タスクの記述方式
辻 裕太 (東京工業大学), 森口 草介 (東京工業大学), 渡部 卓雄 (東京工業大学)
45-L ハイパーグラフ書き換え系への構文駆動でcompositionalな構文・意味論の提案
佐野 仁 (早稲田大学), 上田 和紀 (早稲田大学)
46-L 解集合プログラミングに基づく組合せ遷移ソルバーの実装方式に関する考察
山田 悠也 (名古屋大学 大学院情報学研究科), 湊 真一 (京都大学 大学院情報学研究科), 番原 睦則 (名古屋大学 大学院情報学研究科)

PPL(4-2) 9/3 【13:00~15:10】

座長 : 海野 広志 (筑波大学)

47-L マクロ木変換器を融合するための高階木変換器の低階化
佐藤 光 (東北大学大学院 情報科学研究科), 中野 圭介 (東北大学 電気通信研究所), 浅田 和之 (東北大学 電気通信研究所)
48-L 複数箇所で発生する多head左再帰を扱えるpackrat parser
梅田 理生 (筑波大学 理工情報生命学術院 システム情報工学研究群 情報理工学位プログラム), 前田 敦司 (筑波大学 システム情報系 情報工学域), 齋藤 俊哉 (筑波大学 情報学群 情報科学類)
49-L パーサの段階的開発のための対話による文法編集に向けて
奥田 勝己 (東京大学/三菱電機), 千葉 滋 (東京大学)
50-L 非決定性 Streaming String Transducer と Parikh オートマトンを用いた文字列制約の充足可能性判定
釜野 雅基 (東京工業大学情報理工学院), 福田 大我 (東京工業大学情報理工学院), 南出 靖彦 (東京工業大学情報理工学院)

FOSE・一般 9/3 【13:00~14:05】

座長 : 鵜林 尚靖 (九州大学)

51-L 機械学習を用いたソフトウェア安定性分析に関する研究
可知 敬朗 (南山大学), 青山 幹雄 (南山大学), 野呂 昌満 (南山大学), 沢田 篤史 (南山大学)
52-L ものづくりとソフトウェア
丸山 宏 (Preferred Networks, Inc.)

デモ・ポスターセッション 9/2 【10:40~12:10】

A1試行錯誤を効率化するための自動キャッシュライブラリ
中丸 智貴 (東京大学)
A2Java からKotlin へのプログラム変換支援ツールの設計と試作
河野 一真 (広島市立大学大学院情報科学研究科), 川端 英之 (広島市立大学大学院情報科学研究科), 弘中 哲夫 (広島市立大学大学院情報科学研究科)
A3急性脳主幹動脈閉塞症のための機械学習による予測とアプリケーションのユーザビリティ
林 昌純 (法政大学理工学部応用情報工学科), 佐藤 孝治 (東京都立産業技術大学院大学産業技術研究科), 清元 佑紀 (独立行政法人国立病院機構災害医療センター臨床初期研修医), 重田 恵吾 (独立行政法人国立病院機構災害医療センター脳神経外科), 松本 省二 (藤田医科大学医学部脳卒中科), 小山 裕司 (東京都立産業技術大学院大学産業技術研究科)
A4近似計算における精度低減の妥当性:N体問題の場合
佐藤 重幸 (東京大学), 飯塚 康太 (フィックスターズ), 吉藤 尚生 (フィックスターズ), 夏目 雅槻 (フィックスターズ)
A5型安全性の証明付きインタプリタのための汎用ライブラリの実装へ向けて
津山 勝輝 (Tokyo Institute of Technology), 叢 悠悠 (Tokyo Institute of Technology), 増原 英彦 (Tokyo Institute of Technology)
B1パラメトリック多相型からの融合変換類規則の自動導出
森畑 明昌 (東京大学大学院総合文化研究科)
B2エラーを起こさせる初学者向けプログラミングドリルの提案
角田 和広 (Tokyo Institute of Technology), 増原 英彦 (Tokyo Institute of Technology), 叢 悠悠 (Tokyo Institute of Technology)
B3CDCL型SATソルバーの内部動作可視化ツール
堀岡 真未 (神戸大学大学院システム情報学研究科), 宋 剛秀 (神戸大学情報基盤センター), 田村 直之 (神戸大学情報基盤センター)
B4コード移動に基づくGPUカーネル融合
福原 淳司 (東京理科大学), 滝本 宗宏 (東京理科大学)
B5遠隔レビューによるプログラミング演習授業の実践
福安 直樹 (大阪工業大学), 伊藤 淳子 (和歌山大学), 伊原 彰紀 (和歌山大学), 曽我 真人 (和歌山大学), 満田 成紀 (和歌山大学)
C1CUI on Web: ソフトウェア検証やテストCUIのためのモダンWebインターフェース枠組
藤生 和希 (群馬大学), 浜名 誠 (群馬大学)
C2巡回セールスマン問題に対するハイブリッド遺伝的アルゴリズムの提案
祁 意渓 (芝浦工業大学), 篠埜 功 (芝浦工業大学)
C3GSOL: A Confluence Checker for Haskell Rewrite Rules
Faustin Date (Gunma University), Makoto Hamana (Gunma University)
C4ライフゲームを逆向きに動かす
足立 啓一 (神戸大学大学院システム情報学研究科), 宋 剛秀 (神戸大学情報基盤センター), 田村 直之 (神戸大学情報基盤センター)
C5Towards an Automated Code Rewriting Tool for Alleviating Concurrency Problems in the Go Programming Language
Fumi Takeuchi (International Christian University / Tokyo Institute of Technology), Hidehiko Masuhara (Tokyo Institute of Technology), Raffi Khatchadourian (City University of New York (CUNY) Hunter College), Youyou Cong (Tokyo Institute of Technology)